GAME
卓上ヘボコン 対戦キット

卓上ヘボコン 対戦キット

ヘボコンメインイメージ

「ヘボコン」とは、「技術力の低い人のためのロボット相撲」です。
ヘボコンは2014年、ヘボコンマスター石川大樹さんが企画、7月19日に東京で第一回が開催されました。
ヘボコンはその年の文化庁メディア芸術祭の審査員推薦作品に選ばれ、各国のメディアに取り上げられました。
それをきっかけに2017年10月現在、世界25カ国、各地のオーガナイザーの手によって開催されています。

ヘボコンの「ヘボ」は日本語の「ヘボい」から来ています。
出来が悪いこと、稚拙なことを示す「ヘボい」。その「ヘボい」を楽しむのがヘボコンです。

本ゲームはそのヘボコンをボードゲームにしたものです。
あなただけのヘボいロボットを作って(想像)ヘボい対戦を楽しんで下さい。

ヘボコン 公式サイト

ゲームデータ

プレイ人数
2~4人
プレイ時間
30分程度
販売価格
¥ 4,320

部品(コンポーネント)一覧

  •  対戦ボード    : 1枚
  •  個人ボード    : 4枚
  •  ナット      : 4枚(金属製)
  •  タイマー     : 1個
  •  プレイヤー駒   : 4枚
  •  プレイヤーチップ : 4枚(得点表示に使用します)
  •  ロボット部品タイル: 36枚
  •  得点チップ    : 4個(対戦ボード上に置いて使用します)
  •  ルールブック
  • 部品イメージ

ゲームの流れ

ロボットの部品となるタイルを「集め」、「組み立て」てロボットを作り、

そのロボットで「対戦」し、合計点を競います

ゲームイメージ

ゲームは写真の様にタイルを円周状に並べて始めます。

プレイヤー駒を一番小さなタイル(1×2マス)の前に、プレイナー人数分並べて置きます。


  • 【1】ロボットの部品(タイル)を集める
  •   自分の色のロボットの前4つから、1枚のタイルを取ります。
      取ったタイルは、自分の個人ボードの上に重ねます。

      ゲームイメージ

      これを9周繰り返します。1周するごとに、目安として対戦ボードのナット置き場にナットを置いていきます。

      ゲームイメージ

      9周終わると個人ボードにはこんな感じでタイルが重ねられます。前に取ったタイルの内容はこの間確認してはいけません。

      ゲームイメージ

  • 【2】ロボットを組み立てる

  •   組み立ては全員で一斉に行います。
      全員が各自の個人ボードにタイルを並べ、最初に終わった人がタイマーをスタートします。
      Timer

      他のプレイヤーは、タイマーが鳴ったら一斉に組み立てを終了します。
  • 【3】採点する

  •   出来上がったロボットを採点します。
      1マス1点ですが、36マス全てを埋めると「ハイテクペナルティ」が課せられます。
      Timer

      ↑ちなみにこの状態だと30点
      注:「ハイテクペナルティ」(公式ルール)
       「ヘボくあるべき」ヘボコンにおいて、ハイテクすぎると見なされる技術を使用すること。
       ハイテクな自動制御を行うなどがこれに当たるが、「ハイテクなArdunoを貼り付けただけ」などは
       ハイテクと見なされず、これに当たりません。
  • 【4】対戦する

  •   ロボットを動かして対戦します。
      対戦ボードに写真の様にプレイヤー駒、得点チップを配置します。(写真は4人プレイ時)
      対戦開始時の配置
      各プレイヤーは個人ボード上のタイルにナットを置くことで、そのタイルに示された動作を行います。
      アクション1
      アクション2

      これを繰り返し、対戦終了時にもっとも点数の高いプレイヤーの勝利です。
      

      実際のヘボコンでは、試合の勝敗とは別に最もヘボいロボットに「最ヘボ賞」が与えられ、これが優勝よりもっとも重要な賞とされます。
      思ったように動かないときは、「ナイス、ヘボ!」とヘボいことをお互いにたたえ合いましょう。

    ルールブック

    ルールは下記よりダウンロード可能です(現在作成中)

    ルールブック