GAME
三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい


謝辞と背景

このゲームはクラウドファンディングサイト「CAMP-FIRE」にて出資を募り、出資(≒事前予約)が規定数を超えたため、商品化となったゲームです。

CAMP-FIRE

ルールブックには出資いただいた方々のリストを記載しています。

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい


ストーリー

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。

(「主と『添い寝が』してみたい」であったとも)

高杉晋作


歌は遊郭の遊女に宛てたもの。

「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。

明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。

ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。

なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。

このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。

鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。

最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。


ゲームデータ

プレイ人数
2 ~ 4人
プレイ時間
15分程度
販売価格
¥ 2,500

ルール概要

カードの種類

ゲームでは攻撃対象である「鳥」カード、アイテムである「三味線」カードを使用します。

鳥と三味線カード

ゲームには4種類の「鳥」カードが登場します(このゲームでは蝙蝠も「鳥」と考えます)

鳥カード


ゲームの敗北条件

プレイヤーの手番終了時に、「メインボード」の数以上、「鳥」がいると鳥が鳴いて「帰宅」となります。

メインボード

その時点でゲームから脱落します。


敗北条件と「時間」

ゲーム中の時間により、「鳴く」鳥の数は変化します。

現在の時間と敗北条件はメインボード中に示され、時間は「鐘」が出ると進みます。

鐘カードとメインボード


プレイヤーが行う事

プレイヤーは手番ごとに、「鳥」カード3枚、「三味線」カード2枚を引きます。

増え続ける「鳥」を、「三味線」を上手く使って殺すか、人に押しつけるかしてください。

プレイ風景


ルールブック

ルールは下記よりダウンロード頂けます。(日本語版。英・中文版は「海外プレイヤーの方へ」からダウンロード下さい)

ルールブック

サマリーシート(ルールの簡易まとめ・日本語)


プレイ動画

CAMP-FIRE

紹介用プレイ動画

※出資のお願いがありますが、現在はすでに終了しています

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=GITawJRPfk8

niconico

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24259373


「まじん」さんによるルール紹介&プレイ動画

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=GITawJRPfk8

niconico

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24259476